« 06.1.29 三峰山 | トップページ | 06.1.2 観音峰 »

2006年10月17日 (火)

06.1.8 高見山

高見山  1249m         くもり一時小雪P1000718
自宅6:00 = 7:10橋本7:20 = 7:43大淀 = 高見登山口 = 8:45大峠9:15 ~ 10:20高見山11:20 ~ 12:08大峠12:25 = 12:54たかすみ温泉13:40 = 15:00五條スプーン15]:35 = 15:55橋本 = 17:44自宅

2日の観音峰に続き、霧氷の名所「高見山」にN夫妻と出かける。橋本で待ち合わせエクストレイルに同乗、R170からR166を経て高見登山口にさしかかると、既に多くの登山客で賑わっている。混雑する路駐車を横目にしばらく進み、高見トンネルの手前を旧国道にとると、路面は一面の雪に覆われ、スタッドレス+4WDの威力を遺憾なく発揮。大峠には先客10台程が駐車し、身支度を調えている間にも2台が到着。今回は、10本爪アイゼンも当初から装着し、雪を噛みながら白一色の世界を気持ちよく歩く。約1時間で山頂に到着し、避難小屋を覗くと14~5人の登山客で超満員で、待つこと約15分。やっとのことでコンロスペースを確保し、カップメンで暖を取りながら早めの昼食を済ます。外に出、祠の避雷針を見ると見事なエビの尻尾が……。時に敢えて登山道から逸れ、雪を我が足で確かめながら下山。途中すれ違った登山者は3~40人は下らない、本当に人気の山である。大峠の駐車場で雪にのめり込んだビッグホンの後押しを手助けし、山を下る。登山口から少し行った所を左折し、平野の「たかすみ温泉」へ。施設もきれいな上に500円が気に入った。雪のちらつく中、露天に身を沈め高見を振り返る。帰途、時間が早いこともあり五條のスプーンに立ち寄り、ワッフルセットを頂き橋本で解散。タムノスでディナーを

|

« 06.1.29 三峰山 | トップページ | 06.1.2 観音峰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/3972955

この記事へのトラックバック一覧です: 06.1.8 高見山:

« 06.1.29 三峰山 | トップページ | 06.1.2 観音峰 »