« 05.10.1~3 剣山・石鎚山 | トップページ | 05.9.11 大天井ヶ岳 »

2006年10月17日 (火)

05.9.24 明神平&桧塚

明神平&桧塚 (1326m)  くもりP1000380

自宅5:00 = 6:21三在 = 6:30大淀 = 7:17やはた温泉 = 7:35大又林道終点7:45 ~ 8:30明神滝下8:35 ~ 9:20明神平11:00 ~ 11:45明神滝下11:50 ~ 12:40大又林道終点12:45 = 12:51七滝八壺13:01 = 13:08やはた温泉14:00 = スプーン = 15:30自宅
【参考】 明神平 ⑬ ミツ塚分岐 ⑪ 明神岳 50 桧塚奥峰 ⑮ 桧塚

登山口を下見してまでの満を持しての明神平、桧塚行き。津風呂湖手前をカーナビに従って左折し、やや遠回りをした挙げ句元のR169に戻り、やはた温泉を横目に大股林道終点に到着。花の季節でもなく、紅葉には早いこの時期、でも3~4台駐められるスペースは満杯で少しバックし路駐する。身支度を調え、舗装された急峻な林道をしばらく進むP1000375 P1000376 P1000383 と、ガレ場の山道に入り、明神谷(大又川)に沿って沢を数回渡るうちに明神滝下に到着。滝を右手に見ながら登っていくと滝上に休憩用のベンチが親切に置かれている。元は鉄橋が架かっていたようだが破損し、替わって丸太橋になっているが手すりもなく、おまけに一部朽ちかけている危険きわまりない橋を渡ると、先は緩やかな九十九折りの登山道となり高度を稼ぐ。途中の水場でポリタン二本の水を詰め替え、やがて明神平へ。しかし、みなさんのHPで見るあの草原P1000382はここにはない。一面ガスの中だ。特徴のある「あしび山荘」も10mぐらいにまで近づいてやっと見える程度。明神岳を目指し草原を進むが、標識はおろかテープも分からない。30分程度うろついた後、今回の桧塚は断念し、東屋に帰り超早めのランチにとりつく。4~5組はいた登山者は、皆どこへ消えたのだろう。11時、下山につき、13時過ぎには「やはた温泉」の湯船の人に。帰途、五條のスプーンでお茶したものの、消化不良の一日でした。夜は、囲炉裏で…

|

« 05.10.1~3 剣山・石鎚山 | トップページ | 05.9.11 大天井ヶ岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/3971749

この記事へのトラックバック一覧です: 05.9.24 明神平&桧塚:

« 05.10.1~3 剣山・石鎚山 | トップページ | 05.9.11 大天井ヶ岳 »