« 05.3.20 額井岳・戒場山 | トップページ | 05.1.9 高見山 »

2006年10月17日 (火)

05.2.6 三峰山

三峰山 (1235m)   晴れ

自宅5:30 = 6:20尾生 = 松原JCT = 7:10針IC7:18 = 榛原 = 8:15奥宇陀青少年旅行村8:30 ~ 8:30登山口 ~ 木橋分岐 ~ 9:10休憩所9:20 ~ 10:15避難小屋10:25 ~ 10:45三畝峠 ~ 11:00三峰山 ~ 11:10八丁平11:40 ~ 三畝峠 ~ 避難小屋 ~ 13:15不動滝 ~ 13:35不動滝登り口 ~ 13:45登山口 = 14:00みつえ温泉15:00 = 17:20尾生 = 18:20自宅

待望の三峰山、樹氷ウォーク。尾生を迎え西名阪針ICを経て、心配した路面凍結もなく「みつえ青少年旅行村」入り口の駐車場に予定の8時過ぎ到着。先客の5~6台の車の横に駐車し、身支度を整える。登山口には注意の呼びかけと、道案内に地元観光協会の方が待ち受ける。「登り尾コース」をとり雪道をしばらく進むと休憩小屋へ。ここでアイゼンを着け、本格的な雪道に。避難小屋手前くらいから樹木への積雪が多く見られる。三峰峠を過ぎたあたりから一面の銀世界。低温のせいかカメラが作動せず、ホカロンを貼り付け急場をしのぐ。頂上直前の尾根筋は風が強く、無防備の顔が痛い。登山口で観光協会の人が言っていた「頂上付近の積雪は1m」を案内標識で実感する。バチバチと記念撮影を済ませ、早々と八丁平らに下山し、カップ麺の簡単ランチ。ガスの出が悪く反省材料だ。避難小屋まで下山すると、中も外も登山客で一杯。帰途は不動滝コースを採るが、登り客に道を譲らねばならず、うっとうしいことこの上なし。13時30分に下山し、一目散にみつえ温泉「姫石の湯」へ。

|

« 05.3.20 額井岳・戒場山 | トップページ | 05.1.9 高見山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/3959355

この記事へのトラックバック一覧です: 05.2.6 三峰山:

« 05.3.20 額井岳・戒場山 | トップページ | 05.1.9 高見山 »