« 05.12.17~18 北海道ハイライト3日間 | トップページ | 05.11.19 明神平、明神岳 »

2006年10月17日 (火)

05.12.11 金剛山

金 剛 山(1125m)  くもりP1000580_1

デイリー7:05 = 7:]33泉南IC = 7:43貝塚IC = 8:19富田林R309交点 = 8:25道の駅かなん8:30 = 8:43青崩9:00 ~ 9:25水越峠9:30 ~ 10:00金剛の水 ~ 10:09カヤンボ休憩所10:15 ~ 10:30パノラマ台10:45 ~ 11:36一の鳥居 ~ 11:50葛城神社13:00 ~ 13:31セト13:35 ~ 14:40青崩14:50 = 富田林 = 15:35風の湯16:27 = 16:55橋本 = 18:30とうがらし

初めは○木組の忘年会の下ごしらえ?に軽い足慣らしをと和泉葛城山を予定していたが、先週来の寒波で金剛山の積雪情報がマスコミ各紙に取り上げられ、急遽予定を変更。新しくできた道の駅「かなん」で小休止し、青崩のトイレ近くに路駐。身支度を調え、アスファルトの単調な旧国道を水越峠に向かう。青崩周辺もそうだし、途中に2箇所ある駐車場にもたくさんの車が駐車しており、人出の程がうかがえる。林道ガンドガコバ線を進むうちに前方の金剛山の木々に白いものが見え、「金剛の水」手前から路面にも雪が点在する。カヤンボ休憩所で持参のふかし芋で腹ごしらえし、パノラマ台で雪の状態を見てアイゼンを装着する。登山道は雪が踏み固められ、アイゼンが雪を噛み心地よいP1000581 歩行を楽しむ。一の鳥居から葛城神社を経て宿坊前の広場のベンチで昼食。-1℃の中キムチラーメンのアテに、少々だがビールあり、熱燗あり、ワインありの豪華な昼食をいただく。金剛山名物「かまくら」の前で記念撮影し、国見城趾から一路青崩に向け下山。途中、アイゼンでひもを引っかけ顔から雪道にバタ~ン。よく怪我をしなかったものだ。予定の時間にきっちりと青崩に到着し、早々と河内長野の「風の湯」へ向かう。R371との交点の近く、真新しいスーパー銭湯様で、たくさんの湯船となんと言っても入浴料500円に大いに感激。帰りは、橋本から広域農道を通り忘年会会場へ一直線。今年最後の山行きを、雪を見、温泉につかり、キムチ鍋とフルコースを楽しんだ。

|

« 05.12.17~18 北海道ハイライト3日間 | トップページ | 05.11.19 明神平、明神岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/3972541

この記事へのトラックバック一覧です: 05.12.11 金剛山:

« 05.12.17~18 北海道ハイライト3日間 | トップページ | 05.11.19 明神平、明神岳 »