« 04.5.8 矢筈岳 | トップページ | 04.4.17 熊野古道 大雲取・小雲取越え »

2006年10月17日 (火)

04.4.29~5.1 アイアン信州ツーリング

アイアンホース信州ツーリング

【4月29日】 晴れ
自宅7:30 = 8:10岸和田SA8:15 = (近道、名神、北陸、東海北陸) 白川郷IC = 14:42合掌村15:30 = 15:50荘川16:10 = 17:13高山 = 18:20平湯温泉 (泊)「平湯館」
アイアンホースの信州ツーリングに初参加。総勢8名で一人だけがどうしたことかマイカーでの参加。岸和田SAに8:15集合し、近道、名神、北陸と乗り継ぎ東海北陸道の白川郷ICで下りる。北陸道では、左に日本海を、右手遠くには冠雪したアルプスの山並みを眺めながらの快適なドライブ。白川郷に14:40に到着し、世界遺産の集落をしばし散策する。白川郷から高山への途中、日本一というロックフィルダムで堰き止められた御母衣湖畔にある荘川の桜に立ち寄り、ワインディングを繰り返しながら高山を横目に本日のお宿、平湯温泉「平湯館」に無事到着。
本日の走行距離 591.5km 高速代金 7550円 途中給油 23.11㍑  21.86km/㍑   

【4月30日】 晴れ
平湯温泉9:00 = 阿房トンネル = 10:30松本 = 11:00大王わさび園11:45 = 12:05ちひろ美術館12:50 = 13:00信州そば13:50 = 14:25白馬14:38 =(鬼無里街道)= 16:45戸隠神社 = 17:50長野  (泊)ホリデー・イン・エクスプレス
二日目は、平湯から松本を抜け長野までの地道を「のんびり、ゆっくり」のツーリング。が、いざ出発の段で幸前氏のバイクがバッテリーあがり。ケーブルを借り何とか始動するも今度はバッテリーコードを繋ぐナットを紛失。なんやかやで「ゆっくり、のんびり」した出発となった。宿を出て直ぐ、岐阜~長野県境の安房トンネルを抜ける。このトンネルの完成により冬場でも信州と飛騨が結ばれた。松本を横目に安曇野へ。大王わさび園で先行していたマイカー氏と再会、湧き水で育てる大わさび畑に驚嘆し、わさび菜入りのお焼きに涙しながら次の「ちひろ美術館」へ。北アルプスの山々を背景に、平屋建ての瀟洒な建物で、芝桜が今が満開。ここに来るのが二度目で、作品を見るといつもながら心が和みます。近くの信州そばやで昼メシに「小ざる」を頂く。信州は、ソバや!!白馬から鬼無街道、戸隠神社を経て、七曲どころか急峻な五十曲がりを抜け、長野市入り。ホリデー・イン・エクスプレス泊。
本日の走行距離 185km 高速代金 600円 途中給油 15.7㍑  18.5 km/㍑

【5月 1日】 晴れ
長野8:30 = 8:50善光寺10:00 = 10:50更埴輪JCT =(長野、中央、名神、近道)= 18:00岸和田SA18:30 = 19:30自宅
本日は、帰るのみ。折角なので、誰に引かれるでもなく「善光寺」へ。10:00に長野を出、長野道、中央道、小牧ICから名神、近道を経て岸和田SAで解散し19:30無事帰宅。素晴らしい天気に恵まれた三日間だった。
本日の走行距離 543.7km 高速代金 8950円 途中給油 25.68㍑  21.14km/㍑

|

« 04.5.8 矢筈岳 | トップページ | 04.4.17 熊野古道 大雲取・小雲取越え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169399/4006804

この記事へのトラックバック一覧です: 04.4.29~5.1 アイアン信州ツーリング:

« 04.5.8 矢筈岳 | トップページ | 04.4.17 熊野古道 大雲取・小雲取越え »